上手な借金返済方法はこれだ!

借金返済の余裕がなくなれば、
今すぐにでも上手な借金返済方法を駆使するべきです!

 

余裕が無い状態が続きません。

 

いつか限界が来ます!

 

 

借金を返すためにまた別のところからお金を借りて借金を返す
自転車者操業に陥ってしまったら最悪です!

 

そうなればどんどん借金が増えていって借金地獄に陥っちゃいますからね。

 

 

そして、最終的には闇金にまで手を出しちゃうことにも…

 

あとは言わずもがな、この世の地獄が待っています!

 

 

なので、余裕が無い状態になったらすぐに行動して
最悪な事態を避けるようにしましょう!

 

 

では上手な借金返済方法は何なのか?と言いますと
債務整理のことです!

 

債務整理とは

 

債務整理とはお金のトラブルを法律で解決する方法です!

 

では、債務整理をすると具体的にどんなメリットがあるのでしょうか?

 

債務整理を行うと
金利をゼロにしたり、
借金の元本を減らしたり
催促をストップできたり
払いすぎたお金が戻ってきたり
します!

 

 

 

上記のように今の状態より確実に楽になれます

 

 

債務整理をするためには法律の知識が必要なので、弁護士などの依頼する必要があります。

 

ただ、直接弁護士事務所に直接行くと
30分の相談料だけで5,000円も取られます

 

借金に困っているのに余分なお金なんて払いたくないですよね?

 

 

そんなあなたにおすすめなのがweb上でできる無料借金解決診断シミュレーターです!

 

借入総額や毎月の返済額などを入力することで
借金がいくら減るのか?
月々の返済額はいくらになるのか?
あなたにベストな債務整理方法
を無料で診断してくれます!

 

実名や住所の入力が必要ないので、
匿名でできるので、安心ですよ☆

 

既に8000人以上の利用実績もありますからね!

 

希望すればあなたの近くで最も債務整理で優秀な弁護士さんを紹介してもらうこともできますし、
一度お試しすることをおすすめします!

 

 

 

https://www.machikado-saimu.info/

 

 

債務整理をして借金が楽になった方の口コミをまとめました!

400万円あった借金が20万に減額しました!

20代の一番いい時期を借金返済ばかりをしていた時代でした。

 

当初はそこそこ収入があったんですが、
些細なキッカケで10万円の借金をしました。

 

そのキッカケというはパチンコや飲み代が寂しいからという理由でした。

 

 

その時、無理してでも返そうと思えば決して無理ではなかったのですが、
いつでも返せるという思いと実際に返したらより金額をアップして貸してくれるので、
ついつい利用してしまいました。

 

そうこうして気づくと借金は100万円になっていました。

 

 

この状態になっても月々の収入は30万円以上あったので、
生活レベルも落とすことなく返済の方も利息と元金は問題なく払える状態でした。

 

借りては返しの繰り返し

 

 

返済の遅れもないという事で貸付枠も増えていき、
新規利用の件数も増えていく状態に陥りました。

 

気づいた時には7件で400万ほどに増えていました
逆に収入の方は30万円あった月収から下降していき25万円程になりました。

 

こうなってくると月々の支払でも元金・利息あわせて20万程の出費になります。

 

 

そこでいったんは返済するもののその日のうちに余剰枠を借りるという事を繰り返していました。

 

こういうのを自転車操業というのだなっと思いながらも5年はなんとか遅れずにこの状態を続けました。

 

そういう状態も借りている1社がどうしても払えなく遅れてしまい余剰枠を使用する事も出来なくなりました。

 

収入も20万程になっていたので本当にどうしようかと悩む毎日だったと思います。

 

 

ある日チラシに債務整理しませんか、相談にのります。
というのを見て、少し不安になるものの話だけでも聞こうと思い相談しました。

 

その結果7件で400万あった借金が2件で20万にまで減額されました。

 

 

その2件の20万も今後の利息も付かずに分割返済にしてもらい今では完済に至ってます。

 

いまを思えば借金の督促にびくびくしながら生活したり悩んだりと本当に大変な経験をしました。

 

借りたら返すというのは当然の話ですが自分の知らないうちにどうしようもない方向に仕向けられているという事もあるのです。

 

苦しいと思ったら第3者に相談するべきなのです。

 

 

https://www.machikado-saimu.info/

 

 

 

笑い話にならない私の債務整理体験談を参考にしてください

私の場合はパチンコにのめりこんで行ったのが原因で借金を積み重ねてしまいました。

 

やっぱりパチンコは勝てるといいですが、負けるように出来ていますね。

 

カード会社や消費者金融併せて5社程から約300万ほど借り入れていたのです。

 

一度は働いて完済できたのですが、引っ越してから定職に就かずにパチンコで遊んでいたんです。

 

で結局貯金を食いつぶしてしまってついつい引き出してしまったんです。

 

で結局お金がなくなって実家に帰ってから少しずつは返していたんですが、
手取り10万円のアルバイトで10万円近くの返済でしたし、携帯支払いが間に合わなくなってしまって1年後にはついに支払いが出来ない状態になりました。

 

 

滞納し始めて2ヶ月過ぎてくると催促の手紙はもちろん電話が毎日のように来るんです。

 

家族には借金の事を話してなかったので、いろいろ聞かれたのですが応えない状況で困りました。

 

で一ヶ月間悩んだ挙句ネットで調べて地元の弁護士事務所で債務整理をしている事務所に相談したんです。

 

 

初めは相談に行くつもりでしたが、話を聞いていると「催促は止める事が出来ます。」ということなのですぐに契約しました。
手付金は一件6千円程なので3万と提示されました。

 

これは全額返した後に債務整理をする場合は無料になるといわれたのですが、私は家族には内緒だったので無理でした。
支払いは後日という事になったのですが、その日には受任手続きをしてくれたみたいで2〜3日後には催促の電話は止まりました。

 

 

その後は各社から過去の利用明細が弁護士事務所に届いて事務所の方が計算→私の自宅に差額(過払いかそれとも減額なのか)の結果を郵送→承諾の返事を1ヶ月ほどやってました。
対応のスピードは各社バラバラのようです。

 

で結局消費者金融2社とカード会社1社が過払いで約10万程返って来るという内容でした。
残り2社は減額と利息停止が出来ました。
と言っても1社は残り3万程度に減額されたので一括になりました。

 

で、弁護士さんが準備した口座に返って来た3社から振り込まれたみたいで、そこから手数料とその他経費(切手代など)の料金が引かれて6万程になってたのでここから支払いました。

 

 

残りの1社は30万程残ってたのでこちらは利息を止めてもらって毎月1万5千円を支払うことにして現在も支払い中です。

 

支払い中も一度払えなくなりましたが、その時は弁護士さんに相手側から連絡が来てこれ以上滞納したら全額請求すると言われたそうです。

 

一応誓約書というのがあって2か月分滞納したら今までの利息分と一緒に全額請求に切り替わると書かれていますので注意しなければいけないようです。

 

 

https://www.machikado-saimu.info/

 

 

 

過去に任意整理(本人)個人再生(相手)体験しました

10年ぐらい前です。
当時付き合っていた彼がいました。
同棲する話になった時に初めて、借金していると話してきて、借金額は約200万円あるけどすぐに返金出来ると言われました。
私もあまり気に留めていなかったので、同棲しました。

 

 

しばらくして結婚しましたが、同棲時よりずっと旦那から生活費は入れてくれず、苦しい日々が続いたので、何故生活費を入れてくれないのか聞いたら、借金返済があるので、生活費は入れられないと言われました。
ギャンブルが好きで負けたのが悔しいのか、キャッシングしてまでギャンブルにのめり込み、しまいには私のキャッシング出来るカードを勝手に持って下ろしてまで行きました。

 

 

私はパート勤務だった為、もちろん生活費は足りず、1社だけ毎月キャッシングでお金を借り生計を立てました。
ある時、旦那宛てに1本の電話が鳴りました。
電話を取ったら、彼宛ての電話でしたが、名乗らない為私が全て聞いてます(本当は知りません)と答えた所、消費者金融からの電話でした。支払い期限が過ぎているので早く支払って下さいとの内容でした。

 

 

元旦那に問い詰めた所、合計12社金額700万円超の多重債務者になっていました。
相手の親に話しをし、相手と親で無料で弁護士と相談出来る会場へ行き、そこで初めて弁護士による債務整理が行われました。
本来であれば、夫婦両名義のカードを全て合わせてから債務整理するのですが、弁護士から夫婦の借金額を合計して折半して支払いましょうと提案された時は、私は激怒しました。

 

 

私がキャッシングで借りた金額は3社で合計90万円程です。その場ですぐ、離婚の話をして支払いも別々で払う事になりました。
離婚は3か月、支払い方法は半年程掛かりました。
弁護士費用は、相手は約40万円、私は5万円です。借金額によって違うのもこの時に知りました。
私は任意整理の為、3年間毎月均等払いです。
相手は個人再生で、過払い金返還請求を申し込み、約100万円程返還され、5年間の均等支払いです。
当時は個人再生された者は、約10年間程新たにカードを新規で作る事が出来ません。私は支払い終了後すぐに、カードを作る事が出来ました。

 

 

https://www.machikado-saimu.info/

 

 

 

特定調停をした経験を話します

 

私は大学生の時から「スニーカー」を集める事にハマってしまい、
大学生時代にしていたアルバイトだけのほとんどを「スニーカー」を集める費用に費やし、
それでも足りない分は当時私がたまたま勝ち続けていた「パチスロの勝ち金」を「スニーカー」の購入資金として使っていました。
あの当時私は月に「15万円以上は確実に」「スニーカー」の購入費に費やしていました。

 

そんな生活を送っていた大学時代、私は自分で「スニーカー」を収集するだけでは飽き足らず、
とうとう「自らレア、デッドストックのスニーカーを輸入して日本国内で販売する」商売を始めました。

 

当初は手持ちのスニーカーで要らない物を処分した費用などを購入資金として持参してアメリカに渡航し、アメリカの業者(古スニーカーの市場がアメリカロサンゼルスに在った)と交渉をしてぼちぼちと少しずつ安く卸してもらってそれを日本で売りさばく、というスタイルで私は大学生とスニーカー転売の2足のわらじの生活を送っていました。

 

そんな「スニーカー転売」でまあまあ商売の流れが軌道に乗り始めたな、と自分でも思える様になった大学3年生になったある日、私の「スニーカー転売」の商売を揺るがす事件が日本で起こってしまいました。

 

その事件とは、ずばり「円安」です。
「円が安くなり、ドルが高くなった事によってスニーカーの仕入れ代金がかさむ様になってしまった」のです。

 

私の稚拙な「スニーカー転売業」はあっという間に沈下してゆき、気がつけば私は大学生の身分で総額400万円の借金を背負っていました。

 

400万円もの借金はどうしてもアルバイトだけでは返済出来ず、私は借りられる限り全ての「消費者金融」業者に駆け込んでお金を融資してもらいそのお金をスニーカー転売の借金に充てました。

 

そんな「自転車操業」の生活は長く続かず、へとへとに疲れ果てた私を見た先輩が、
「もう無理なら自己破産しろよ。」と言ってきたのです。
私は「自己破産」の道は選ばず「特定調停」の道を選びました。

 

「特定調停」は「自己破産」と違い財産や動産などは没収されずに借金が帳消しになる代わりに「ペナルティ」として「今後10年間」は借金が一切出来なくなる、という法律上の債務整理方法でした。

 

私は当初「特定調停」を弁護士か司法書士に頼むつもりでいましたが、どちらの場合も電話で金額を確かめると50万円ほどかかる、というので彼等に依頼するのはやめました。
依頼費用が払えなかったからです。

 

私は「自分で特定調停」をする決心を固めました。

 

 

https://www.machikado-saimu.info/

 

自己破産か債務整理か

自己破産を行なうか債務整理を行なうかで自分の返済の負担を軽減することが可能です。借り入れした金額が増えて返済をギブアップした方には、自己破産をおすすめします。自己破産を行なうことで、自分の返済における借入を行なうには本人の借入に対するすべての責任を放棄することが可能です。借り入れしやすい金額が返済しやすい金額のように自分でコントロールしてお引き出しを続けていくことが借入をする際のことです。また利息を安く借入する事も必要で、債務整理にするか自己破産を行なうか決めるには自分の借り入れした金額にもよります。自己破産か、債務整理を行なうことで、自分に似合うライフスタイルで、借入を行っていくことが可能です。自己破産を行えば自分本人での借入はない状態になり0になります。そのため借り入れした金額から本人の返済はこの時点で終了します。自分で決めた返済金額ですが、このように使用上の注意によって、支払いができなくなってしまうことが有ります。買い物のしすぎなども、このような返済が不能な状態になってしまいますので、十分に注意することが大切です。債務整理を行なうことで利息が止りますが、元金はマメに返済を続けて行くことが求められます。簡単に借入が出来て、自分で責任の持てる範囲での借入を行えば利息も多く加算されずに返済を完済することが可能です。借入を行っていくことが本人の主ににならないようにしていくことが求められます。

 

 

https://www.machikado-saimu.info/

 

自己破産と債務整理の違い

自己破産と債務整理には大きな違いが有ります、まず債務整理には利息を止める法的な効力を持っていて、自己破産は今までの借入を支払わずに0にすることが可能です。そのため負債などが有る方にとっては非常に楽に債務を放棄することが可能ですがデメリットも多く存在します。また闇金融などからのしつこい取り立てなども、弁護士が介入することによって解消しますので、高金利での借入が有る方には非常に効果的でも有ります。弁護士が各、借入していた金融機関と連絡を取ります。この時に過払いが発覚した時には弁護士が過払い請求をしてくれますので、お金が返金されることも有ります。債務整理のような手続きにおけるWEB相談を行えばすぐに自分の借入状況からいくら安くなるのか、また毎月の支払い金額を調整することも可能になります。まずは早期解決を心がけたいものです。早く解決すればその分の利息を支払わずに元金のみを支払えば良いことになります。専門家が和解で示談交渉に入ることによって、决定的な和解をすることができますので、金融会社と口論になることもありません。債務整理を行うことによって、多重債務者は、利息に追われることなく、自分で支払える金額を調整して支払いを続けていくことが可能でrす。自己破産をしてしまえば、今までの借入にかかっていた利息分が安くなり、かなり使いやすい、環境を整えることが可能です。自己破産をしてしまえば、その後に借入もできなくなりますので注意が必要です。

自分の債務は自分で解消する

自分の債務は個人で解消していくことが求められます。自分で借り入れした金額が、増えすぎてしまった時には借入を調整して自分が毎月支払って行く際に重荷にならない金額を設定することが法的な手続き位によって可能になります。借りすぎてしまった金額には自分で金額を調整していくことが可能ですので、難しく考える必要はありません。借入が増えすぎてしまった方は自分の借入に対しての責任を果たすために債務整理を行なうことも出来ます。自分で借入下金額の利息を止めて支払いを続けて行くことも可能ですので、非常におすすめできる手続きでも有ります。借り入れした金額を自分で行っていく事が可能な金額設定を可能にし、任意整理などは、自分の資産を失わないで手続きを完了することが出来、債務にかかる利息を止めて、借入を行なうことが可能です。自己破産は自分のすべての債務を放棄し、自分の100万円以上の資産をすべて失うことになります。そのため土地や有価証券、株式、車、などは没収の対象になりますので自己破産を行なうことは基本的には最終的な手続きになります。自分で借り入れした金額にも自分なりの返済方法を見出して債務整理か、任意整理を行えば、完済することが出来るように再度の設定をすることが可能です。そのため本人が行なうべき手続きには本人の決めた金額をしっかり全うして返済を行っていくことが望ましいです。借入をしたらしっかり返す事は基本的なルールです。

支払いをする際には注意が必要

支払いを続けていくいくうちにお返済ができなくなってしまうことなどが有ります。これは借り過ぎが原因で、借入が増えすぎてしまった方にとっては返済が困難になり、返済に追われる日々になります。債務整理を行えば解決しますが、支払いを最後までしっかり行なうには手続き上、すべての金融会社と連絡をとる必要があります。この手続は弁護士が行いますので、弁護士と相談し対応策を考える事が望ましいです。利息がかなりの負担になりますので、返済していく上で、元金のみの返済にしてしまう必要があります。債務整理は返済出来ないままで、そのままにしてしまっている人などは。とても有効な手続きですが、その分のデメリットも有ります。注意したいのが、その後にはお金の借入ができなくなってしまいますので、新規のお金の申込が出来ません。また過払い請求を法的に行うことができますので、払いすぎていた金額は返金されます。このことも弁護士の交渉次第でも有ります。返済していた金額の利息を止める事ができるのは最大のメリットです。そのため借入金額が増えてしまった方にとっては非常に有効的に使用をしていくことが出来ます。借入は本人の責任能力です。基本的に借り入れしたら返済するのが基本ですので、借金から逃れることは出来ませんが、借り入れした金額は利息を付けないで返済をしていくことによって最大限の負担をなくし、返済をしやすくすることが可能です。相談料は無料で行っています。

闇金融から借りないために

闇金融から借入をしないようにするためには自分の借入をしっかり管理し、パチンコ雑誌や新聞に載っている借入業者などに申込をしないことが大切です。借入を行っていくうちに返済出来ない金額になってしまう方もいます。計画的に返済をして、問題なく返済をすることが大切です。利息がかかりすぎて毎月の返済金額が増えすぎてしまった方には債務整理を行なうことは有効的な手続きです。法的な手続きのために借入している各金融機関からの借入状況を整理する際にはすべて弁護士が行ってくれます。オートマチックで行ってくれますので、助かるサービスです。専門的な解決が望ましいですが、もしこの問題を解決するのに過払い請求などもしたい方はまずは相談して良い弁護士を探すことから初めましょう。また闇金融などからのしつこい取り立てなども、弁護士が介入することによって解消します。すべての対応は法的な手続きが含まれますので、債務整理についてしっかりと専門知識のある弁護士を探すことが第一です。申請までに時間がかかるケースがありますが、腕のいい依頼することによってスムーズに早期解決をする事が可能です。借り入れの多い方には最も有効な手続きですが、その後の生活は楽になりますが、借り入れはできなくなりますがこれはデメリットです。貸し付けもどこの金融会社も行わないようにデータ化されます。しかし返済に困っていた方にとっては返済が目的になりますので、債務整理は有効的です。

 

闇金融からの営業電話の対応

闇金融からの営業電話がかかってきてしまうことも有ります。闇金融は借入をした際に個人情報を他の支店に流してしまうことも有りますので、契約する際にはお店選びをしっかり行いたいところです。お店選びをしておけば問題なく返済して使用をしていくことが可能になりますが、返済が滞ってしまった時には法的解決が求められます。方てkぃな解決によって借入にかかる負担を軽減し、返済にかかる期間や金額を減額することが可能です。簡単に申し込みをしてお引き出しができる反面、金額にかかる利息も大幅に削減することが可能です。個人再生は企業の倒産の際に経営者の方に向いている手続きで、支払いは終わりませんが半分以上の金額を減額することができる措置ですので、借入金額が多い方にはもってこいの手続きです。専門的な弁護士に頼むことで、経験のある頼れる弁護士であれば、このまま問題なく利息を止めて、額面を減らすことに成功します。減額した金額を自分のペースで支払っていけば完済して問題なく安心な日々を取り戻すことが可能です。債務整理をすることでブラックリストには乗りません。債務整理は皆が持っている権利で、借金苦からの救済措置でも有ります。借入が増えすぎてしまった方で、すぐに解決をしたい方はこの手続を行い、早期の解決を図ることが可能です。簡単に、早期の手続きです。また申請後には担当のP弁護士がすべて管理しますのでお任せすることが出来ます。

 

闇金融の今

闇金融は街の各所に店舗を構えています。闇金融には高校を新聞や、雑誌に載せているところがあり、非常に巧妙に世の中に公告をだしているのが現状です。借入をし易い状況で、申込をする時まで闇金融とはわかりません。借入をしてからも闇金融かどうかを区別することが非常に難しく、時代に置いては闇金融は潜り込んで経営をしている状態です。また、カッして闇金融とも言わないで貸し付けを行っていますので、最新の注意が必要です。多額の借金を一度で、借入してしまった人などが、借金を返済できないで、他の金融機関に支払う利息を借りて返済している方もいます。このことから、借金が増えていってしまい、支払わなければならない利息も増えてしまいます。闇金融は多くの手口を使って集客をしていますので、営業電話などもしてきます。借入の意思がないことをハッキリ伝えて、借り入れしないようにしましょう。債務整理等の法的手続きをお考えの方はで、社会的な立場の人には、問題は会社などに連絡も行きませんので、法的手続きを安心してご利用いただけます。5社以上の借り入れがあると返済だけでも、毎月の時間のロスになりまし、やはり利息分はその分支払う必要性が有ります。借入は簡単に行なうことが出来ますが、その反面利息を支払うことを忘れずに契約しましょう。有効的なのはその分の支払いを計算して完済金額がいくらにおなるのかを良く綿密に覚えておくことです。計画的な借入をしましょう。

 

闇金融や詐欺会社

世の中では闇金融だけでなく、詐欺会社も存在します。詐欺会社はお金を摂取しますので闇金融よりたちが悪いです。闇金融はお金を貸付してくれますが、詐欺会社は、お金を捕ります。特に保険金詐欺などには注意が必要です。公告ではお金を貸します。書いてありますが、実際にはお金の貸し付けもせずに保険料という面目でお金を騙しとリマス。そのため非常に巧妙に詐欺を働いていますので、詐欺かどうかを判断することは非常に難しくなっています。詐欺を行っている会社は他にも色々有りますので、申込の段階で少しでも怪しいと思ったら、借入をしないようにすることが望ましいです。債務整理の相談の際に債務整理の種類の説明を専門家のアドバイスとともに理解する必要があります。払いすぎていた利息なども弁護士に過払い請求の手続きをしてもらうことができますので、そのことも含めて検討しましょう。依頼する際の注意事項なども覚えておく必要があり、専門的な知識も本人が知っておくことが必要です。金融機関からの借り入れにおいてに規約などもすべて弁護士に委任することになります。利用する際には借入を解消するように利息を止める若いが必要です。和解していれば本人にとっても簡単に返済を続けていくことが出来ますので、安心してゆっくり返済をしていくことが可能です。まずは自分に合った返済計画を建てる必要があります。無理なく、きちんと返済をしていくことによって自分の返済にかかる負担を緩和します。

 

 

 

https://www.machikado-saimu.info/

 

更新履歴